Yuのまるごとライフ

フィットネス系のコンテンツを中心に、私の人生経験を踏まえ、皆様のお役に立つ情報を発信していきます!

Fitness(減量・ダイエット) Fitness(生活習慣) Fitness(筋トレ) Fitness(食事)

ボディメイクにおけるカリウムの重要性

投稿日:

本日もご訪問ありがとうございます!

 

Yuです!

 

本日は、「ボディメイクにおけるカリウムの重要性」に関する記事になります!

 

現代人は、野菜不足などが原因で、多くの人が「カリウム」不足に陥っています。

 

特に野菜などに多く含まれる「カリウム」は、筋トレや減量において、その成功をサポートする重要な栄養素です。

 

そこで、本記事では、ボディメイクにおいてカリウムがどのようなプラスの効果をもたらしてくれるか、その働きを3つに分けて解説していきたいと思います!

 

では早速始めていきましょう!

 

Twitter始めましたのでよろしければフォローお願いします!

 

 

ボディメイクにおいて重要な「カリウム」の働き

 

カリウムが筋トレ・減量にもたらす働きは大きく分けて以下の3つがあります。

 

 

1.筋トレによって酸性化した身体を、アルカリ化作用により中性状態に戻し、筋合成を促進&体脂肪をエネルギーとして代謝しやすくする

2.カリウムの働きで、「ナトリウム・カリウムパンプ」が正常に作用し、筋トレのパフォーマンスが向上する

3.カリウムの働きにより、インスリンが正常に働き、減量中の空腹感を抑えられる

 

 

それぞれ詳しくみていきましょう!

 

 

1.筋トレによって酸性化した身体を、アルカリ化作用により中性状態に戻し、筋合成を促進&体脂肪をエネルギーとして代謝しやすくなる

まず1つ目の働きが、「筋トレによって酸性化した身体を、アルカリ化作用により中性状態戻し、筋合成を促進&体脂肪をエネルギーとして代謝しやすくなる」です。

 

筋トレ中、筋トレ後は身体に毒素が蓄積することで、身体が酸性の状態になります。

 

この状態では、

 

・筋合成がなかなか行われない

・筋分解の作用が強くなる

・慢性的な酸性状態が続くと、筋肉を動かす脳などの中枢神経が回復せず、筋トレのパフォーマンスが低下する

 

などのデメリットがあります。

 

カリウムなどのミネラルや電解質は、酸性状態の身体をアルカリ化し、中性状態にしてくれます

(関連記事:筋肥大における野菜の重要性

 

 

身体が中性状態になると、

 

・筋合成が促進される

・筋肉を動かす脳などの中枢神経を回復 →筋トレパフォーマンス向上

・体脂肪が筋肉を構成する筋細胞に届けられるようになり、体脂肪がエネルギーとして代謝されやすくなる

 

などのメリットがあります。

 

 

2.カリウムの働きで、「ナトリウム・カリウムパンプ」が正常に作用し、筋トレのパフォーマンスが向上する

2つ目の働きは、「ナトリウム・カリウムパンプが正常に作用し、筋トレのパフォーマンスが向上する」です。

 

人間にとって必要不可欠なミネラルとして「ナトリウム」「カリウム」があります。

 

しかし、現代人の食生活では、野菜不足などの理由で、ナトリウムを必要以上に多くとり、カリウムは不足している状態になってしまっています。

 

身体が正常に働くのに理想的なナトリウム:カリウムのバランスは、1:4です。

 

ですが、現代人のほとんどはこの逆でしょう。

 

ナトリウムとカリウムを1:4で取ることで、細胞レベルで「ナトリウム・カリウムパンプ」が起きます

 

この「ナトリウム・カリウムパンプ」により、カルシウムが筋細胞に取り込まれ、筋収縮が引き起こされます。

 

筋収縮は、筋肥大にとって非常に重要です。

 

筋収縮を起こすことで、細胞がより強くなるためにホルモンや栄養素を吸収しやすくなります。

 

また、減量中は、ハードな筋トレにより、身体からナトリウムが汗などで不足します。

 

ここで「カリウム」も不足していると、「ナトリウム」「カリウム」両方が不足することになり、「ナトリウム・カリウムパンプ」が起こりません。

 

「ナトリウム・カリウムパンプ」が起こらないと

 

→筋トレ時に鍛えたい部位の筋収縮が弱まる

→筋肥大効果が弱まる&筋トレパフォーマンスが低下する

 

ことになります。

 

ですから、カリウムを野菜などから十分量とり、正常に「ナトリウム・カリウムパンプ」を起こすことで、筋収縮が十分に起き、筋肥大促進&筋トレパフォーマンス向上につながるのです。

 

 

3.カリウムの働きにより、インスリンが正常に働き、減量中の空腹感を抑えられる

3つ目の働きは、「カリウムの働きにより、インスリンが正常に働き、減量中の空腹感を抑えられる」です。

 

カリウムが不足すると、「インスリン抵抗性」というものが上がり、インスリンの働きが悪くなります

 

インスリンの働きが悪くなると

 

・エネルギーとなる炭水化物が分解されてできるグルコースが筋細胞に入らず、空腹感が増す

・食べた炭水化物が簡単に体脂肪になってしまう

 

などのデメリットがあります。

 

 

ですので、野菜などをきちんと摂取し、カリウムを初めとするミネラルが不足しないようにしましょう!

 

本記事は以上になります!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

Twitter始めましたのでよろしければフォローお願いします!

 

-Fitness(減量・ダイエット), Fitness(生活習慣), Fitness(筋トレ), Fitness(食事)
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

減量・ダイエットに有酸素運動は必要か?【正しい有酸素の方法】

本日もご訪問ありがとうございます!   Yuです!   最近ブログの更新頻度がガタ落ちしてしまい申し訳ありません! 少し仕事の方が立て込んでいました、、、   だいぶ落ち …

適切な水分補給で筋トレのパフォーマンスは向上する

ご訪問ありがとうございます!   Yuです!   本日は、「水分補給と筋トレパフォーマンスの関係性」に関する記事になります。   水分補給と筋トレの関係性について、ピンと …

筋トレ初心者が避けるべき失敗4選【生活習慣・メンタル編】

本日もご訪問ありがとうございます!   Yuです!   本日は、前回のトレーニング編に続き、「筋トレ初心者が避けるべき失敗」の生活習慣、メンタル編になります!   本日の …

筋トレのインターバル時間はどのくらいがベストか?【短めor長め?】

本日もご訪問ありがとうございます!   Yuです!   以前の記事では、「筋トレの頻度」「セット毎の回数」について解説してきましたね! 筋トレの最適な頻度とは?【1週間のトレーニン …

【自宅トレーニー向け】ダンベルのみで腕を太くするおススメメニュー(二頭筋編)

ご訪問ありがとうございます!   Yuです!   本日は、「ダンベルのみで腕を太くするおススメメニュー(二頭筋編)」です!   ダンベルだけで腕を太くすることができるのか …